>

個人が開発したもの

AviUtl

AviUtlとは、AVIファイルにいろいろなフィルターをかけて、簡単な動画編集を行うことができるフリーソフトです。
個人の方が開発されたソフトで、ホームページからダウンロードすることができます。
エーブイアイユーティルと読みます。
AviUtlは、単体ではごく簡単な編集しかできないため、プラグインと呼ばれる機能を広げるためのソフトが必要となります。
プラグインもすべてホームページ上で紹介されています。
AviUtlを使うと、ファイルサイズが大きすぎる動画を小さくできます。
ファイルサイズが大きくても心配することはありません。
しかし、最終更新が2013年7月なので、最新のソフトを使いたい!という方にはおすすめできません。

Filmora

Wonder shareのFilmoraです。
フィモーラと読みます。
無料体験と製品とはまったく同じなので、無料体験でも高度な編集、制作ができる点が魅力です。
唯一違うのは、無料体験版では出力した動画にすかしが入ることです。
フラッシュ、ホールド機能という動画を停止させた後に再度再生することも可能です。
他にもいろいろなエフェクトがあります。
動画だけでなく、音声においてもトリミングやフェードイン、フェードアウト、分割などの編集を行うことができます。
Mac版、Windows版があります。
手ぶれ修正や動画の逆再生、ズームイン、ズームアウトなどの編集も可能です。
使い方ガイドも充実しているので、初心者の方でもサイトを読むことで一通りの操作を覚えることができるでしょう。


この記事をシェアする