>

海外で開発されたもの

Avidemux

Avidemuxは、動画にいろいろなフィルターを設定することができるフリーソフトです。
メニューがすべて英語で書かれているため、最初は操作しづらく感じるかもしれませんが、使い方はわかりやすく作られています。
ユーザーの方が日本語にするためのファイルを公開してくれているので、同時にインストールしておくと使いやすくなるでしょう。
ぼかしやシャープなど、多くのフィルターが搭載されています。
基本的な操作は、動画を読み込んで編集する範囲を選び、フィルターの設定を行い、ファイルとして出力する、というものです。
プレビュー画面を表示させながらフィルターをかけることができるので、確認しながら編集作業をすることができます。

Clipchamp

Clipchampを使うと、ウェブカメラから最長で5分間の動画を撮影することができます。
動画の圧縮や変換、アップロードまでを1つのソフトで行うことができるのです。
YouTubeやFacebookなどに20倍の速度で動画をアップロードすることも可能です。
使い方はシンプルで、動画を選択し、解像度や出力品質などを選んで変換するだけです。
動画をオンライン上で編集するのではなく、コンピュータ内で行うため、情報流出を防ぐことができる点も安心です。
また、圧縮に際して、目でわかるクオリティの違いを出さずに行うことができるため、アップロード前に動画を圧縮して、素早いアップロードが可能となるのです。
大きなファイルを取り扱うこともできます。


この記事をシェアする